THE SKY of FRENZY
ラクガキメインの日記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


プロフィール

如月 久遠

Author:如月 久遠
:職業:
 正社員、システム部

:歳とか:
 20代

:PC:
自作
HDDを増設し、OSを7にした、電源が不足気味
・ThinkPad X61
 就職した今、使い道があまりない

:在住:
 茨城県西部

:趣味:
 模型、ドライブ、
  トイガン、ゲーム

:その他:
 不定期更新です


前略プロフ
(最終更新 2008/03)

fgとか

pixivとか↓





AC絵チャット



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー





ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もはや日記じゃないけど気にしない (≡ヽ(゚∀゚)ノ≡)
あぁんもう駄目だなこりゃ


だって宿題とか一つも上げてないんだぜ?
(主にCLANNADの所為)


だってやる気おきねーんだもの
(主にCLANNADの所為)







すいません、私の不注意です


つーか私の今までの人生の結果です


mac少女!!


特に意味は無いです





いつになるかな
そう、夏休み最終日 課外の最終日でもある

我が校は県でも優秀なほうの県立の進学校だ
約半数の人間が毎年国立の大学へ進んでいる
教師が良いのか生徒が良いのかは分からない
そんな高校だ

普通に考えれば入学した者は大学、専門学校へ進みみ様々な道へ進むのだろう
実際9割以上の生徒がそうだ

だが私はどうだ
何か目標があったわけでもなく
勉強する努力も知らないまま入学したのだ
そもそも私の目標はこの高校を受験する前になくなっていた

そうしてすでに一年半が過ぎている

その日はいつもどおりに家を出た、学校にギリギリ間に合う時間
家が高校に近いので自転車でも10分かからない程度だ
だがその日の道筋はいつもの通学路から大幅にそれていた
何か目的があったわけではない
ただ、違う方向へ走っていたのだ

そうして学校が始まった頃、その公園に着いた
昔友人と一緒に暇つぶしに歩いたことがあった
その公園には名前がない、なぜかは知らない
ただ線路沿いにやや蛇行しながら伸びる水の流れる人口の川
幅は太くても50cmといったところだろう
このあたりでは静かな、高級住宅地といったところだろうか
その一辺に位置している細長い公園だ
本来ならその住人や子供たちがくつろぐ場所なのだろう
だがそこには誰も居ない、ただ公園があるだけだ

そして今の私にとってはそこがとても落ち着ける場所だった
特に何をするでもなく自転車を止め
住宅地に背を向けるようにして設置された石造りの長いすにねっころがった
朝なので数本の電車が通ったが大して気にもならなかった
そうして私はしばらく眠ることにした

はじめて学校を「サボった」
大して面白いことも無かった
だが退屈な授業を受けるよりははるかにマシだと思った




特に意味はないよ


ただ行きたくなかっただけさ


昼ごろには家に帰ったね


次の日からは学校さ


またいつもと変わらない日常が始まったのさ





ちなみに今15:30
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。